楽になるためのエンジニアリング

楽に暮らせることを目指すエンジニアのインプット&アウトプット

ビジネス書レビュー : 7つの習慣 人格主義の回復

超有名なこの本。

先に言ってしまうとこの本は一生私の本棚に入れて置きたい一冊となった。

本について

ビジネス書というよりかは、教科書。人生の。

生きていく上でほとんどの人は人と何かしらの形で関わる訳で、 その際にどのような考え方や習慣を身につけていれば、互いを成功へ導くことができるかを教えてくれた。

単純に7つのテクニックが記載されている訳ではなく、 良い人生を送る為に必要な自己形成の方法を納得のできるフローで説明してくれている。

身につけておくと人生が100%良くなると思える方法を記載している一冊。

参考になった度 : 100/100

個人的には、最初から最後まで納得感のある内容だった。

  • 人に依存している状態からの自立

  • 自立し、一人で完結しているところから、人と良い相互関係になる

という流れで成長の仕方を7つの章に分けて段階的に説明してくれている。 そのため、 「自分はここまではできている」 「ここでちょうど自分はつまづいている」 「次はこうすれば良いのか」 と、現状の把握から、次どうしていけば良いのかを導き出せるので日常的な行動・考え方に反映しやすかった。

突出した内容はなく、勉強・私生活・仕事・スポーツとどのようなことにも当てはまりそうな内容だった為、どんな人でも参考にできる内容となっている。

読みやすさ : 60/100 例がや図が多く使われていて、難しい表現もそこまでなく、章節も比較的小さめになっているので本としては読みやすい。

しかし、ボリュームが結構ある為、気軽に読もうとして読み切れる本ではなかった。

なので読む場合はゆっくり時間をかけて継続的に読める時に読むことをお勧めする。

いつかもう一度読みたい度 : 100/100

定期的に自分を見つめ直すために読みたい。

「現状自分はどのようなことができていて、何が足りなく、次はどのような行動や考え方を意識すれば良いか」

という形で自分を見直す為に使っていこうと考えている。

おすすめしたい人

  • 自分の子供にはいつか絶対読んでもらいたい。

  • 社会人2~3年目の人にお勧めしたい。(1年目はこれよりも業務内容を覚えることの方が大切。)

  • 人間関係で悩みを抱えていたり、仕事でのパフォーマンスをうまく出せていないと思っている人。

読み終えて自分が尊敬している人や、身近で活躍している人は確かにこの本に書かれている内容に当てはまっている(もしくは部分的に当てはまっている)と感じた。

まだ読んでいない人はAmazon Prime会員であればKindleで無料で読めるので是非一度目を通すだけでも良いのでおすすめします。